top of page

日本大学合唱団 のプロフィール

LINE_ALBUM_日大合唱団_230620_12.jpg

​プロフィール
 日本大学合唱団は、日本大学の全学部の学生を対象としている文化団体連合会(大学本部学生部)所属の混声合唱団です。1946年、全学部を対象に歌を愛する学生が集まり、創立しました。初代指揮者の長谷川新一先生をはじめ、歴代の栗本正先生、佐藤征一郎先生にご指導いただきました。1996 年より常任指揮者に鈴木成夫先生を迎え、「遊声」演奏会と単独定期演奏会を中心に活動を行ってきました。過去には、ケンブリッジ大学との交歓演奏会、韓国での世界平和の日 20 周年記念式典に出演するなど、積極的な音楽活動を展開しています。今年度で創立77 年を迎える伝統ある合唱団です。

・団員数  ・・・ およそ20名。(2023年6月現在)
・練習日  ・・・ 毎週水曜日・金曜日・日曜日。
・練習場所 ・・・ 日本大学八幡山サークル学生会
館(八幡山駅)や

        大学外部施設など

・演奏活動・・・年2回の演奏会の開催
を中心に活動しています。

*7月「遊声」演奏会

*12月 定期演奏会
*日本大学の入学式や卒業式などの行事でも演奏
しています。


また、特徴として以下が挙げられます。
・常任指揮者に鈴木成夫先生、ピアニストに山内知子先生をお迎えし指導いただいている。
・ヴォイストレーニングの先生がついて、月1回の割合で指導いただいている。

・「遊声」演奏会などにて他大学の学生や卒業生との交流も盛ん。
・民謡・ミサ曲・新旧合唱曲など、幅広い領域の音楽活動をおこなっている。


70年の歴史をもつ日本大学合唱団は今も尚成長し続けています。
「合唱って、ちょっと固い感じなのかな?」と思っている、あなた!
そんなことはありませんよ!
合唱曲だけでなく民謡,ミサ曲,ポップスなども積極的に歌っています♪
団員も個性豊かな人ばかり!
感動を共有できるかけがえの無い最高の仲間ができます!
そんな私たちの練習を是非一度ご覧になりませんか?

委嘱​・初演作品

 ●1947年 月光の曲に寄せて』(Ludwig van Beethoven 作曲/長谷川新一 編曲)初演。

 ●1959年 「涅槃交響曲」(黛敏郎 作曲)初演に参加。

 ●1960年 「山に祈る」(清水脩 作詞・作曲)男声版初演に参加。

 ●1985年  混声合唱組曲「奥鬼怒伝承」(高内壮介 詩/宍戸睦郎 作曲)委嘱初演。

 ●1989年  混声合唱とピアノのためのサロン「私抄 冨嶽三十六景」(関根榮一 詩/寺島尚彦 作曲)委嘱初演。

 ●1998年  混声合唱とピアノのための「ひみつ」(谷川俊太郎 詩/鈴木輝昭 作曲)委嘱初演。

 ●2004年 『雲は雲のままに流れ』『たっけだっけの歌』『海』(信長貴富 作曲)委嘱初演。

 ●2005 『湖上』(中原中也 詩/木下牧子 作曲)委嘱初演。

 ●2008年  沖縄のうたによる混声合唱組曲「きーふーぞ」(瑞慶覧尚子 作曲)委嘱初演。

 ●2014年  混声合唱組曲「蝶 はばたく朝」(成本和子 詩/森山至貴 作曲)組曲公開初演。

 ●2018 『春に』(和合亮一 詩/信長貴富 作曲)委嘱初演。


常任指揮者 鈴木 成夫 先生


すず き    しげ お

 東京藝術大学音楽学部声楽科出身。在学中より創作集団 ”Voice Field” を主宰。 モーツァルト「バスティアンとバスティエンヌ」でオペラ指揮デビュー。 新日フィル、東京アカデミカー・アンサンブル等オーケストラとも数多く共演。
 「横浜市制 100 周年・開港 130 周年記念式典」「日本国際賞受賞式典(天皇皇后御前演奏)」「TAMA ライ フ 21 開会式典」「横浜どんたく」等で合唱指揮。 東京オペラ・プロデュース、長門歌劇団などで副指揮・演技振り付けを担当。
 現代音楽の初演、合唱曲の CD 録音、放送出演、コンサートのプロデュースなどに力を注ぐほか、全国各 地での客演指揮、コンクール審査や講習会、TV 出演や、13 年間 NHK・FM、AM 第 2「みんなのコーラス」にレギュラー出演し、同番組終了後は「N コン on the web」講評者を 4 年間務めるなど、幅広い分野での音楽活動を行っている。

 東京大学コーロ・ソーノ合唱団、日本大学合唱団と、2 大学の合同合唱団「遊声」、レ・サンカント(神戸)、コーロ・クルール、コール・アルベッロの常任指揮者

鈴木成夫


常任ピアニスト 山内 知子 先生


    やま うち  とも こ

 桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。ピアノを大村礼子、稲田美代子、三浦浩、三浦捷子、室内楽を中川良平、北爪利世諸氏に師事。 また、H. ピュイグ = ロジェ女史にも教えを受ける。

 佐々木素女史とピアノデュオ・リサイタルを開催、CD「Duo4手と2台のピアノによるフランス近代作品集」「佐藤敏直 < 四手二台のピアノのための > 作品集」を制作。数多くのソリストや演奏団体と共演し、そのアンサンブル能力には定評がある。'93 ~'97 年 NHK教育テレビ「ふえはうたう」レギュラーピアニスト。

 「趣味悠々」「課題曲を歌おう」他、放送出演や CD 録音も多い。

山内知子


男声ヴォイストレーナー 藤丸 隆浩 先生


                              ふじ まる  たか ひろ

 日本大学法学部卒業後、'98年、W. バウエルンファイント(元ベルリン・ドイチュオーパー首席演出家)演出『椿姫』ガストンでオペラ・デビュー。そののち東京藝術大学音楽学部声楽科に進み、在学中より『ウィンザーの陽気な女房たち』、『カ ルメン』、『ナブッコ』等でオペラに出演し、卒業後も『ラ・ボエーム(レオンカヴァッロ)』、『ノルマ』等オペラのほか、コンサート歌手としても『レクイエム(モーツァルト)』、『ミサ第 2 番(シューベルト)』、『ヴェスペレ(モーツァルト)』、「東京シティフィル 第200回記念定期演奏会」等に客演。またオペラ『不思議の国のアリス(木下牧子)』スペード2 役初演、『恋の主題による3つのデッサン(森山智宏)』初演、再演を務めるなど、その意欲的な現代作品への取り組みも特筆される。声楽を君島広昭、山口悠紀子、山口俊彦、直野資、故 B. ダル・モンテの諸氏に師事。F.E. ダルデーニャ氏の指導を受けた。

藤丸崇浩


女声ヴォイストレーナー 高原 亜希子 先生


                              たか はら   あ   き   こ 

 千葉県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院修士課程修了。松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。同声会新人演奏会、第75回読売新人演奏会出演。

 シャルパンティエ『真夜中のミサ』、ヴィヴァルディ『グロリア』、ハイドン『天地創造』、『ネルソンミサ』、『四季』、モーツァ ルト『雀』、『クレドミサ』、『レクイエム』、ベートーヴェン『荘厳ミサ』、『第九』、グノー『聖チェチーリア荘厳ミサ曲』、ブルックナー『ミサ曲第三番』、ブラームス『ドイツレクイエム』、ドヴォルザーク『レクイエム』、フォーレ『レクイエム』、プーランク『グロ リア』、オルフ『カルミナ・ブラーナ』などの作品の他、オペラでは『魔笛』夜の女王、『カルメン』フラスキータ、『ウェルテル』 ゾフィー、『ラクメ』ラクメ、『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル・露の精等に出演するなど、多岐に渡り活動。  

 長野県小諸高校音楽科非常勤講師。

高原亜希子


ピアニスト 渡部 香 先生


 わた べ   かおり 

 1967年、東京生まれ。昭和音楽大学卒業後、同大学短期大学ディプロマコース修了。大橋恵子、草野政眞、平島誠也、山内知子の各氏に師事。  

 昭和音楽大学伴奏研究員、短大、専門学校の非常勤講師を経て、現在豊岡短期大学非常勤講師、豊島区教育支援員。

渡部香
bottom of page